株式会社−取締役会非設置会社定款記載例−計算/株式会社設立は神戸 西宮 尼崎 宝塚 伊丹 川西 芦屋 明石 三木 小野 三田 加古川 姫路 高砂など兵庫 大阪 京都 滋賀に対応、電子定款は全国対応可

電子定款サポートHOME取締役会非設置株式会社‐定款記載例 > 第5章 計算

株式会社定款例.2 取締役会非設置会社 − 計算

このページでは、取締役会を設置しない株式会社の定款の計算について解説します。

西本社労士・行政書士事務所は、株式会社の設立・電子定款認証をサポートしています。
  ひな形(書式記載例)の無料ダウンロードができます!

株式会社の設立・電子定款認証をお考えの方!お気軽にご相談ください!
(電子定款認証の代行のみのご依頼も歓迎致します!→ 電子定款認証代行コース

計算

取締役会を設置しない株式会社の定款記載例です。

第5章 計 算
 

(事業年度)
第22条 当会社の事業年度は、毎年4月1日から翌年3月31日までとする。

任意的記載事項

事業年度は1年以内の範囲で原則として自由に設定することができます。
月の途中からでも設定することができますが、1年を超えることはできません。

(事業年度)
第22条 当会社の事業年度は、毎年6月20日から翌年6月19日までとする。

(剰余金の配当)
第23条 剰余金は、毎事業年度末日現在における株主名簿に記載された株主又は質権者に
   配当する。

相対的記載事項

剰余金の配当に関する定めです。
第11条に定めた基準日と、基準日における株主の権利の内容を定款に定めておくことにより、公告をする必要がなくなります。

(剰余金の配当等の排斥期間)
第24条 当会社が、株主に対し、剰余金の支払いの提供をしてから満3年を経過したとき
   は、当会社はその支払の義務を免れるものとする。

任意的記載事項

配当金支払の消滅時効は民法で10年とされていますが、定款で短縮することが判例上認められています。一般的には3年とすることが多いです。

ひな形(記載例)のダウンロードはこちら → 無料ダウンロード書式集

株式会社設立・電子定款認証はお任せ下さい!

西本社労士・行政書士事務所では、お客様のご希望・ご要望にできる限り対応させて頂ける
よう株式会社設立・電子定款認証について、
電子定款認証のみの代行(電子認証代行コース:9,800円)全国対応」から、
株式会社設立の完全代行(完全サポートコース:98,800円)まで
6つ のサポート・メニューを用意しております。

株式会社設立・電子定款認証をお考えの方、お気軽にご相談下さい!

株式会社設立・電子定款認証

対応地域・費用・報酬額はこちら

電子定款サポートHOME取締役会非設置株式会社‐定款記載例 > 第5章 計算

「お問合せ」はこちら 西本社労士・行政書士事務所
〒655-0006 神戸市垂水区本多聞3丁目11-13 リッツ本多聞201(詳細
TEL 078-782-7720 / FAX 020-4622-7977 / E-MAIL info@nishi-jimu.com